子供に飲む日焼け止めは危険?知っておきたい副作用のこと

子供に飲む日焼け止めは危険?知っておきたい副作用のこと

子供の頃からの紫外線対策がとても大切なことが知られてきて、飲む日焼け止めをお子さんに飲ませる方が増えています。

 

でも、

  • 本当に子供に飲ませて大丈夫なの?
  • 危険性や副作用が気になってなかなか踏み切れない!

という方も多いのではないでしょうか。

 

飲む日焼け止めは体が必要とする栄養を補えるサプリメントで、副作用や危険性はありません。

 

むしろ、子供のデリケートな肌にも負担がなく、水に流れないから海やプールでの対策にもぴったりと、子供の紫外線対策にうれしいメリットが多いのが特徴です。

 

 

実は子供の紫外線対策に向いている飲む日焼け止めサプリ。
まずは仕組みや成分を知って、「子供に飲ませていいの?」という不安を解消しましょう!


 

体に害はないの?飲む日焼け止めサプリの仕組みについて

そもそも、「飲んで効く」というと、体の中で強い作用が起こっていそうで心配という方もいらっしゃいますよね。

 

でも、飲む日焼け止めサプリに期待される効果はもっと穏やかなもので、体の中で本来起こる「抗酸化作用に注目しています。

 

皮膚がん、日焼け、シミなどの原因は、紫外線を浴びたことによる活性酸素です。

 

抗酸化作用とは、抗酸化物質がこの活性酸素を除去することです。悪影響のもとになる原因にアプローチしているのですね。

 

 

抗酸化作用は特別なことではありません。ビタミンCやベータカロチンなども抗酸化物質のひとつです。

 

抗酸化作用は、自分の体を活性酸素から体を守る、自然な防御作用です。

 

 

抗酸化物質をあえて飲む日焼け止めサプリから摂る必要はあるの?


抗酸化物質は食べ物から摂ることも可能ですが、紫外線対策効果を期待するならサプリで取り入れるのがおすすめです。
理由は3つあります。

 

  • 成分の抗酸化力に違いがある
  • 紫外線に対する具体的なデータがある
  • 普段の食事だけでは補えない

ひとくちに抗酸化物質といっても、その力には差があります。
飲む日焼け止めに含まれる抗酸化物質は、なかでも高い抗酸化力を持つ成分で、紫外線に対する検証データもあるので、信ぴょう性が違います。

 

食事から抗酸化物質を摂る場合、量や質に限界があります。何をどのくらい食べればどれだけの効果がある、というデータもありません。

 

サプリなら決まった量を子どもの普段の食事にプラスするだけで、手軽に取り入れる事ができます。高カロリーになる心配もいりませんよ。

 

成分の危険性と過剰摂取について

 

成分は安全?子供に危険なものは含まれていない?


飲む日焼け止めの成分に高い抗酸化力があるのは、原料の組み合わせと抽出技術の研究成果によるものです。

 

子供の刺激になるようなものは含まれていません

 

代表的な成分「ニュートロックスサン」の原材料はシトラスとローズマリーです。
その他の成分についても、植物由来のものが多く、危険性はありません。

 

不安な方は、私が試した飲む日焼け止めサプリを参考にしてみてください。

 

過剰摂取について、飲みすぎて副作用が出るという報告はありませんが、1日の摂取量を守って取り入れるようにしてください。
商品によって決められた摂取量は異なり、1〜4粒が主流です。

 

お子さんに飲ませるのなら、小さめで少量で済むものが飲みやすくていいですよ。

 

飲む日焼け止めではじめる、子供にやさしい紫外線対策

飲む日焼け止めサプリの副作用、安全性についてご紹介しました。

 

お子さんの口に入るものなので、どうしても安全性は気になりますよね。「心配しすぎる」ということはないと思います。

 

あなたの不安が少しでも解消されていればうれしいです。

 

子供の飲む日焼け止めの基本について、詳しく知りたい方は是非トップページも見てみてくださいね。

 

しっかりした紫外線対策で、お子さんの肌を守ってあげましょう!

 

 

 

 

 

関連ページ

子供にニュートロックスサン配合の飲む日焼け止めは危険?安全性は?
子供にも広がっている飲む日焼け止め。主成分として人気のニュートロックスサンに危険はないのでしょうか?ニュートッロックスサン配合の飲む日焼け止めを子供に検討している方に向けて、安全性についてまとめました。