子供の日焼けが戻らない!?原因と対処法は?

子供の日焼けが戻らない!?原因と対処法は?

大人より紫外線量を多く浴びる子供は、紫外線対策をせずに外で遊ぶと「こんがり」を通り越して「真っ黒」なんてことも多いですよね。

  • こんなに日焼けしちゃって元の肌の色に戻る?
  • 時間が経つのに、子供の日焼けが戻らない・・・
  • 他の子に比べていつまでも肌の色が戻らず心配。

そんな方も多いのではないでしょうか。

 

そこで、子供の日焼けが戻らない原因と対処法や、少しでも早く元に戻すための方法についてご紹介します

 

「日焼けを戻す」とは

自分は子供の頃真っ黒だったのに、今はそこまででもない、という人が多いように、日焼けした肌は時間の経過とともに元に戻っていきます。

 

日焼けが戻るとき起きているのが、「皮膚の生まれ変わり」です。

 

皮膚は紫外線を浴びると、メラニンを作る細胞「メラノサイト」が活発化して、たくさんのメラニンを作ります。

 

このメラニンをたくさん含んだ細胞が黒く「日焼け」となるのは皆さんご存知なのではないでしょうか。

 

「日焼けが戻る」とは、このメラニンをたくさん含んだ細胞が、皮膚の生まれ変わり「ターンオーバー」によって、徐々に剥がれ落ちていくからです。

 

紫外線を浴びなければ、メラノサイトはメラニンを作る指令をしないため、剥がれ落ちた皮膚の下にある「元の」皮膚が表面まで押し上げられてくると、肌の色も「戻る」というわけです。

 

子供の日焼けは本来元に戻りやすい

自分の子供の頃を思い出して実感する方もいると思いますが、本来子供は大人と比較して日焼けが戻りやすいです。

 

それは、先ほどお話した肌のターンオーバーが正常なため、紫外線を浴びてできたメラニンを多く含む細胞が順調に剥がれ落ちていくからです。

 

子供の日焼けが元に戻らない原因

通常、元に戻りやすい子供の日焼けが元に戻らない場合、どのような原因が考えられるでしょうか。

 

大人の場合は、「ターンオーバーの乱れ・遅れ」が一番に疑われます。
子供の場合は、「継続的に紫外線を浴びている」ことが原因の可能性が高いです。

 

本来ターンオーバーによってメラニンを含んだ細胞が剥がれ落ち、元の肌の色の細胞に生まれ変わるはずが、継続的に紫外線を浴びているために、一番上の皮膚が剥がれ落ちても、その下の皮膚もメラニンを含んでいる、という場合です。

 

紫外線は夏だけでなく1年中降り注いでいますし、肌がすぐ焼ける人、焼けない人がいることからもわかるように、人によって、メラノサイトの反応の度合いも様々です。

 

「自分の子供がどうしても日焼けが戻らない」というのであれば、もしかしたら「メラニンを多く作りやすく、少しの紫外線量でもメラノサイトが敏感に反応するタイプ」なのかもしれません

 

子供の日焼けを元に戻すための対処法は?

メラニンの生成には個人差があるので、もしお子さんが「日焼けが戻りにくい」タイプの場合、その体質を変えることは困難です。

 

ですが、予防と対策の2つの側面から、対処することはできます

 

予防:紫外線対策を怠らない

日焼けすることは、人間が自分の皮膚を紫外線から守る防御作用です。

 

紫外線を浴びれば日焼けするのは自然で必要なことです。

 

日焼けが戻りにくい人ほど、紫外線に反応しやすいため、紫外線を浴びれば次々にメラニンが作られ、結果日焼けが戻らないことにつながってしまいます

 

これには日常的に紫外線対策を続けていくしかありません。

 

できるだけ子供が紫外線にあたらないようにすれば、ターンオーバーによって徐々に日焼けした肌が戻るはずです。

 

1年中紫外線対策するのが理想ですが、子供の負担にならないように、続けられる方法を探してみてください。

 

対処:日焼け直後のケアを怠らない

日焼けした直後であれば、「冷やす」ことと「保湿」することをメインに子供の肌をケアしてあげてください。

 

日焼けは皮膚がやけどしているのと同じ状態です。

 

適切に冷やす処置と、その後の肌を保湿でいたわることで、肌の状態を良くし、ターンオーバーの促進を目指します。

 

少しでも早く戻すにはどうしたらいい?

日焼けが戻る、戻らないは体質の問題が大きいとは言っても、少しでも早く日焼けを戻したい方も多いですよね。

 

そんなときは、ターンオーバーを促す食べ物を積極的に取り入れるのがおすすめです。

 

昔から肌によいと言われているビタミンCは、抗酸化作用がありメラニンが作られるのを抑える働きがあります。

 

まとめ:日焼けを防ぐにも戻すにも、しっかりした紫外線対策を

子供の日焼け止めが戻らない原因や対処法についてご紹介しました。

 

自分に比べてすべすべできれいな子供の肌を見ていると、できる限りこのままきれいな肌でいさせてあげたいなと思いますよね。

 

子供の日焼けは防ぐにも、早く戻すにも、やはり一番に大切なのは紫外線対策です。

 

日本でも子供の紫外線対策の重要性が広く知られてきたことで、今は子供用のラッシュガードや日焼け止めクリーム、飲むタイプの日焼け止めサプリなどたくさんの手段があります。

 

ぜひお子さんの無理のない対策を見つけて、日々紫外線から大切な肌を守ってあげてくださいね。

 

関連ページ

安い日焼け止めは子供の肌に悪い?高い・安いの値段の違いは何?
子供の日焼け止め選びで悩んでいる方に向けて、安い日焼け止めは肌に悪いのか?という素朴な疑問についてまとめました。また、安いもの・高いものの値段の差、違いは何なのか、何を選んだらいいのかについてもまとめました。
子供の目の紫外線対策!サングラス以外の方法3つ
子供の目からの紫外線の悪影響を気にしている方が増えています。でも、「サングラスはちょっと抵抗がある」という方のために、子供の目を紫外線から守るサングラス以外の方法3つをご紹介します。
気をつけて!子供の日焼け止めスプレー。アトピー喘息の子は特に注意
手軽さが人気の日焼け止めスプレーですが、子供に使用する際には気をつけてほしいポイントがあります。特にアトピーや喘息持ちの子供に日焼け止めスプレーを使うのは要注意!私の体験談です。
学校のプールで日焼け止め禁止!私が子供に選んだ最善の対策
子供の紫外線対策の重要性が広く知られている中、プールで日焼け止めを禁止する学校があり問題になっています。肌の弱い子供なら特に心配ですよね。そこで学校プールで日焼け止めが禁止されている場合の対策についてまとめました。
シミやシワで悩んで欲しくない!子供の将来の肌のためにすべきこと
自分自身シミやシワに悩みだした体験から、子供の将来の肌について考えるようになりました。子供が将来シミやシワで悩まず、きれいな肌でいられるためにできることや肌老化の原因についてまとめました。